正戸果樹園ブログ

2005年に岡山県にて新規就農し、ブドウ作りを始めました。
そんな新米農家の日常をお伝えします。


砂の美術館

今回は魚釣りではなく

観光地を楽しむため鳥取に出かけました。

 

私は二度目ですが

園主は初めての鳥取砂丘。

やはりすごい景色です。

 

風によってこれだけの砂が堆積し

こんな地形を作るなんて・・神秘です。

 

鳥取砂丘のすぐ近くには

「砂の美術館」があります。

今期のテーマは南アジア。

(テーマが変わるので何度訪れても楽しめます。)

 

美術館を入ると最初に

インド独立の指導者、ガンディーの砂像が

目の前にそびえ立ちます。

これはほんとによく出来てます!

 

タージ・マハル。皇帝シャー・ジャハーンと王妃。

などなど他にも沢山の展示が楽しめました。

 

あれあれ、製作に大忙しの人がいます。

「お疲れ様です。」

 

アーティストなりきり度100%

| その他 | 22:36 | comments(0) | - |
霧とカモの朝

冬の朝は霧が立ちこめ

なかなかそれが晴れません。

 

今日も10時半くらいまであたりは薄暗く

こんな感じす。

しかし霧が晴れると一気に地上に日差しが降り注ぎ

久しぶりのポカポカ陽気になりました。

 

斜面の草刈りをする園主。

 

小高い丘も大分きれいになってきました。

 

帰り道、めずらしくカモの群れが道側の岸に

一箇所に集まっていたので

「チャンス!」と思って写真を撮ろうとしたら

 

一斉に逃げるように向こうに行ってしまいました。

つれないなぁ・・。

| ブドウ | 18:10 | comments(0) | - |
冬の風景

農園に行く途中、とある池でスイスイ泳ぐ

カモの群れを見かけます。

冬に近づくにつれ増えてきたので

越冬にやって来たのでしょう。

優雅に進んでいる様子に、思わず立ち止り

暫く眺めていることもしばしば。

 

単独でエサを食べている時もあれば

集団でぐるぐる渦を巻きながらエサをとっている時もあり

見ていて面白いです。

遠くから見るとこんな感じ。

 

カメラの望遠でその姿を楽しみます。

 

 

あんなにきれいだった瀬戸ジャイアンツの黄葉も

あっという間に落葉して、絨毯のように地面を覆っています。

 

そこかしこに冬の訪れを感じながら

堆肥撒き後は草刈りと草集め中。

| ブドウ | 22:17 | comments(0) | - |
自然の恵み

園主です。

 

園の周りも大分紅葉してきました。

 

引き続き、堆肥撒きをしています。

 

園の周りにふと目をやると

植えてもいないのに、勝手に柿がなっていました。

まあ渋柿だろうと、食べてみたら甘柿だった。

なんか得した気分。

 

そして、園の周りをいろいろ観察してみると

伐採した丸太からはいろんなキノコが生えており

 

その中にヒラタケらしきキノコを見つけました。

食べたいけど、確信が持てるまでやめておこう。

| ブドウ | 18:21 | comments(0) | - |
今しか見られない光景

秋の深まりと共に

圃場から見える山々や園地を囲む木々が

色づいています。

瀬戸ジャイアンツの黄葉も進んできました。

緑と黄のグラデーションが楽しめる

この時期が一番綺麗です。

 

 

 

気温が下がると落葉が始まるので

この限りある光景を楽しんでいます。

 

紫苑の紅葉も合わさって

彩り豊かに。

 

堆肥撒き始めました。

| ブドウ | 22:11 | comments(0) | - |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
LINKS
PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode