正戸果樹園ブログ

2005年に岡山県にて新規就農し、ブドウ作りを始めました。
そんな新米農家の日常をお伝えします。


<< 不思議な粒 | main | 藤稔発送開始 >>
クヌギハマルタマフシ

園主です。

 

長梅雨から一転、酷暑の日々が続いています。

 

熱中症に気を付けながら

美味しいブドウになるように枝の管理をしています。

 

前回のブログで書いたクヌギの丸い粒ですが

調べてみたところ

クヌギハマルタマフシと呼ばれるもので

クヌギハマルタマバチという蜂が葉に産卵すると

何らかの刺激により葉の組織が反応して球形のコブができるらしい。

 

中はこんな感じです。

 

いったいどんな刺激により

クヌギにこんな球体を作らせることができるのか

不思議です。

| | 22:05 | comments(2) | - |
コメント
これ、エルムの葉にも似たのができてます。ある種の虫こぶなのか〜。え、産卵ということは、ここから幼虫が孵るのかな…。
| とみ | 2020/09/01 11:49 AM |
多分そうでしょう。観察してください。
| 園主 | 2020/09/02 9:53 PM |
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
LINKS
PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode