正戸果樹園ブログ

2005年に岡山県にて新規就農し、ブドウ作りを始めました。
そんな新米農家の日常をお伝えします。


春の兆し

今日の午前は、若者会10人で
依頼先の加温ハウスのビニール張りをしましたが

久々、極寒からの脱却を予感させる
気持ちのよい青空の元での作業です。


スタートこそ、凍ってビニールがすんなり降りなかったりと
冬ならではのハプニングはありましたが

時間が経つにつれ、気温も上昇し
一番の大敵、風もまったく無く
ビニール張り日和の中、順調に作業も進み
お昼ちょっと前には終了となりました。

午後にはさらに気温が上昇。

体が低温に慣れ切っていたためか
暑いとすら感じました。
(枝運びをしていると、フラッとしてきます。)

そして、ミツバチたちはというと
この日を待ってましたとばかりに
ブンブンブンブン、ブンブンブンブンと
畑のそこかしこで羽音を響かせてました。

賑やかに巣門を出入りするミツバチたちを
撮影しようとした園主ですが
巣箱に近づいた途端、30匹くらいの門番に
威嚇攻撃にあったそうです。
面布ナシだったので、かなり焦ったとのこと。



再び面布ありで、ずらりと並ぶ門番騎兵隊を撮影。

ただ今、厳重警備中!

| みつばち | 23:36 | comments(2) | - |
春よ来い

昨日、住宅の裏山から「ホーホケキョ!」と
ウグイスが鳴くのを耳にしました。
まさに早春のお便り。
ちょっと嬉しくなりましたが

果たして、うちのミツバチたちは、
この寒さの中に春を感じ取っているのか・・


今日は日差しも出ていたので
見に行ってみると



シ〜ン。

一匹も出てきませんでした。
やっぱりまだ寒いとのことです。

| みつばち | 23:17 | comments(2) | - |
厳しい寒さ
園主です。

全国的に厳しい寒さになっていますが
こちら勝央町でも今朝は氷点下12度まで気温が下がりました。
寒くてとても外に出れず、今日は昼からの出勤です。

この寒さでみつばち達は大丈夫かな?と見に行くと

異常事態発生!!
巣箱の周りでたくさんの蜂が死んでいました。

みつばち達にも予想外の寒さだったのでしょうか?
巣箱に戻ることができず凍死してしまったようです。

それともただ単に寿命?
雪があるから目立つだけ?
まだまだ分からないことが多いです。

中を確認してみると、いつもどおり身を寄せ合って
寒さをしのいでいました。
意外と蜂数が多いようで安心しました。
このまま無事越冬してくれることを願います。
| みつばち | 23:02 | comments(2) | - |
第二養蜂場撤収
園主です。

一昨年に新設した第二養蜂場ですが
みつばちの定着率が非常に低いため、撤収することにしました。
推察ですが、日本みつばちの場合
平面に整然と巣箱を並べるのは良くないような気がします。
自分の巣箱が分からず、他群の巣箱に行ってしまい
ケンカしているのをよく見かけました。
草原育ちの西洋みつばちと違い
森林育ちの日本みつばちは、立ち木など
立体的な目印がある方が良いのではないかと思います。

ということで、第二養蜂場は撤去することにしました。



2群だけまだ居りますが、春になったら移動しようと思います。

こちら第二養蜂場の不調をうけ、昨年急遽設置した
新第二養蜂場。

今年はこの場所に期待。
| みつばち | 20:09 | comments(2) | - |
蜜蝋精製とハンドクリーム作り
農閑期恒例、蜜蝋の精製をしました。
手順は以前にもブログで紹介しましたので
よろしければ、こちらに。

毎年適当な容器を使って作ってましたが
今年は同じ容器を数個購入して
大きさを統一してみました。



溶かした蜜蝋を流し込み、一日置いて取り出すと



出来ました。
表面がツルンとして、仕上がり美しくなりました。

同時に蜜蝋ハンドクリームも作ります。
手順はこちら






これからの季節、手のお手入れに重宝します。
| みつばち | 17:16 | comments(0) | - |
卓上観葉植物
園主です。

寒天培地に蒔いて、かれこれ2年。

最初は温度を25度に保ったりして
しっかり管理していたんですが、
1年経っても、な〜んにも変化がなかったので
温度管理もやめて、押入れに放置していました。

存在も忘れそうになっていましたが
先日、久しぶりに見てみたところ

なんと、成長し、ランの形になっていました。

どうもすごくゆっくり成長するようで、
これは手間のかからない観葉植物に良いなと
現在、卓上の観葉植物になっています。

| みつばち | 22:56 | comments(4) | - |
蜂蜜発送中
園主です。

現在、蜂蜜順調に発送中です。

日本ミツバチの蜂蜜、これまで数回採蜜してきましたが
採蜜するたびに風味が違い面白いです。

どの季節に採蜜するのが一番良いのか
まだまだ模索中ですが、
今回のセイタカアワダチソウが咲く前の採蜜は
なかなか良いかもしれません。
糖度も十分で、クセもなく美味しい蜂蜜が採れました。

ただこの時期となると、葡萄もかなり忙しいため
なかなかうまくいきません。

当分は小規模養蜂となりそうです。
| みつばち | 22:28 | comments(2) | - |
秋の採蜜
今日は採蜜の日でしたが
結局収穫、出荷もすることにしたので
少しタイトなスケジュールとなってしまいました。

ブドウをいつでも箱詰めできる状態までにしておいて、
昼前に採蜜へと出発。

どの巣箱から頂くかは、あらかじめ決めていたので
すぐに作業に取り掛かる園主。


やはり採蜜作業も今回で4度目なので
回を追うごとに手際が良くなってきている気がします。





今回も蜜がた〜っぷり詰まってました。
今日は2枠お持ち帰りです。

今回の蜜の品質(糖度や食味)をいったんチェックしてみて
商品としてクリアーできそうなら
もう少し追加で採る予定です。 
| みつばち | 22:28 | comments(6) | - |
リミット
園主です。

昨年秋に採蜜した蜂蜜は、臭いに若干クセがあり
セイタカアワダチソウの花蜜のせいかな
と一応結論づけました(違うかもしれませんが)。
ということで、今年はセイタカが咲く前に採蜜してみようと思うのですが、



もう咲きそうです。

ブドウ、まだご予約のお客様へ発送が完了していなく
お待たせして申し訳ないですが、
ここは一日出荷作業を休んで、近々採蜜をしようと思います。
| みつばち | 21:54 | comments(0) | - |
ミツバチの衣替え
昨日今日かなり蒸し暑かったです。
季節は初夏から本格的な夏へ。

ミツバチたちの住居もそろそろ
夏仕様にしてあげないといけません。

巣箱の底板を外して、金網に替えました。
通気性がよくなってムシムシの梅雨時期も
ちょっとは快適に過ごしてくれるかな。

そして、この時期はミツバチの数もどんどん増えているので
巣箱が手狭になっているものも

うわぁ〜、もう溢れそう・・
なので継ぎ箱の継ぎ足しも行いました。



そうこうしていると、午前中終わっちゃったぁ〜。
ブドウも待ったなし状態だというのに。

6月は時間がいくらあっても足りません。
| みつばち | 21:45 | comments(2) | - |
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
LINKS
PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode