正戸果樹園ブログ

2005年に岡山県にて新規就農し、ブドウ作りを始めました。
そんな新米農家の日常をお伝えします。


珍しい生き物
園主です。

農園では珍しい生き物に出会うことがあります。


オオムラサキ。どのくらい珍しいかは分かりせんが
見つけると嬉しくなります。
オオムラサキは日本の国蝶です。

次に蛇が苦手な方には申し訳ありませんが

「シロマダラ」という蛇(毒なし)。
目撃情報が少ないため、幻のヘビと言われることも。




いつ見てもここにいるので定住しているみたいです。
| 動物 | 23:24 | comments(2) | - |
繁忙期とバードフィーダー
摘花穂が終わると、誘引できる枝も
日に日に多くなり
二人で手分けして誘引作業にまわってます。

誘引の終わったところから


摘心作業(枝の先を摘んで成長を止める)も
行います。


高下駄歴も長くなり、足に同化してきました。


繁忙期は、休憩中に野鳥を観察して癒される予定でしたが
まだ一度もバードフィーダー(園主手作り)に
野鳥が止まっている姿を見たことがありません。

しかし、知らない間に来ているようで
餌は無くなっています。

粟、ヒマワリの種、米を置いていますが
米だけいつも綺麗に無くなっています。
何の鳥だろう。
| 動物 | 22:32 | comments(4) | - |
Kさんとお馬さん
ブドウ仲間Kさん御夫婦の圃場の
すぐ傍にある放牧場に
今日、馬がやって来ました。

持ち主さんと管理人さんに許可をいただいて
私もKさん御夫婦と一緒に
柵の中に入らせていただきました。



遠路はるばる石垣島からやって来たお馬さん。
長旅でお腹が空いていたのか
一生懸命草を食べていました。


カメラ目線ありがとう!
至近距離で見ると、なんて美しい!!
毛並みがツヤツヤです。


馬が近くにいて、これから農作業も楽しくなりそうと
Kさんも言っていました。
絶対楽しいだろうなぁ。
| 動物 | 22:29 | comments(0) | - |
イノシシの穴
鬼のいぬまになんとやら。
旅行でしばらく圃場に行かなかった間に
法面に数箇所穴が掘られていました。


たぶんイノシシだと思います。
以前もこんなことありましたが
一体何を求めて掘ってるのが謎です。
何か餌になるものがあってのことだと
思うのですが。

銀鉱石を求めて掘った穴と
餌を求めて掘ったイノシシの穴。
熱意は同じくらいなんだろうか・・。


やろうと思っていた仕事がやれず
穴埋めに時間を費やす園主でした。
| 動物 | 22:17 | comments(2) | - |
雪の中の鳥たち
昨日もですが、今日も朝から雪が降りました。
外気温も冷蔵庫みたいです。
(そんなには積もりませんでしたが。)


雪の降るようすを、家の窓から眺めていると
にぎやか過ぎるくらい、鳥の鳴き声が聞こえてきました。
えっ?!こんな天候の中、鳥がいっぱい?

住宅近くの裏山を見ていると

降りしきる雪の中、ヒヨドリ(軍団)の姿が。
どうやらにぎやかな鳴き声はヒヨドリのようです。


他にもツグミや


コゲラ(小さなキツツキ)もいました。
鳥ってこういう日でも普通に活動してるんですね。
| 動物 | 23:12 | comments(0) | - |
秋の気配
8月後半は天気こそ回復傾向ですが
涼しい日が多くすでに秋の気配です。
夏、短かったなぁ・・。

今日から9月になりました。
藤稔の収穫、出荷作業は順調に進んでおります。
ピオーネの収穫も間近となり
おそらく今週中に開始予定となりそうです。

最近の正戸果樹園の風景
生き物たちの抗争編

キリギリス(?)


VS

カエル

壮絶なにらみ合い。
カエル「そのブドウをよこせ!」
キリギリス「嫌だ!俺が全部食べるんだぁ!!」

って想像してみたら面白いな。
| 動物 | 20:05 | comments(0) | - |
太陽を待ちわびて
朝から青空が広がるのは何日ぶりだろう。
待ちわびていた太陽!
今日は久々に夏らしい日差しが戻りました。
(夕方は雨が降りましたが。)

8月に入ってからというもの
ずっと空は暗く毎日雨か曇りかで
なかなか太陽が顔を出してくれませんでした。
暑い、暑いとぼやいていたことが
すごく贅沢に感じられるくらいです。
(人間って勝手だわ。)

このままでは特に遅い品種、瀬戸ジャイアンツへの影響が心配なので
苦渋の選択ですが、ある程度摘房(房を落とす事)して
樹への負担を減らし、今ある実への充実を図ったりと
対策をしています。
そして今後のお天気の回復を祈るばかりです。

今朝の正戸果樹園の風景。

青空に舞うたくさんのツバメ。
(黒いのがそうです。)

ツバメは一体何をしているかというと、


圃場にたくさん飛んでいるトンボたちを
パクパク食べているのです。
トンボたちも更に小さな虫を食べているのでしょう。

今日も食物連鎖の光景が
目の前に広がっています。
| 動物 | 19:05 | comments(0) | - |
電気柵設置完了
まだまだ熊騒動が落ち着かない日々。
先日、「うちにも出たわ。」
とさらに別の葡萄園の方が被害の状況を
知らせに来てくださいました。

もう、ひぇ〜っ!て感じです。

藤稔の収穫、出荷作業を終えると


夕方、少しずつ電気柵の設置をしていた園主。



園をぐるりと囲むように
昨日なんとか設置完了しました。

昨晩は県主催の熊の勉強会も行われ
園主も参加しました。

熊の活動は早朝と夕暮れに多いようで
早朝の収穫作業も要注意なのです。


この可愛らしい熊除け鈴は、その勉強会で支給されたもので
さっそく今朝私の腰に。
園主は既にでっかい熊除け鈴を持っているので
今年は鈴を二人で響かせながらの収穫作業です。

神経過敏になっているのか
今朝は散歩中の黒いラブラドールレトリーバーを
熊と見間違った園主でした。
| 動物 | 20:10 | comments(2) | - |
熊出没
園主です。

カラスの被害が収まってきたと思ったら
また新たな悩みの種が発生してしまいました。
熊です。

前々から熊が出たという話を聞くことはありましたが
とうとうお隣さんの畑にまで迫ってきました。

ここから網を破って侵入した模様。

樹の幹には爪あとが。

体が大きいので、一度入ると30〜40房ほど食べて帰っていきます。

もう、いつうちに来るのか本当に心配です。怖いし。

やはり対策は電気柵が一番ということで
早急に電気柵を設置したいと思います。
| 動物 | 11:29 | comments(0) | - |
野生の王国(蛇が苦手な方、この記事注意)

7月に入りましたが、瀬戸ジャイアンツの粒間引きで
ひたすらハサミを動かす毎日です。
これだけに集中できれば、2、3日で終われそうなのですが
どれもこれも、今でしょ!ばかりの作業で
ピオーネの袋かけなどもしていると、全然進みません。

一日の時間の割り振りをきちんと考えなくては
いけないなと。

そんな忙しさに呑み込まれそうな中、

園の片隅では



蛇がカエルを呑み込もうとしていました。

ギャーーー!!

自然界では食うか食われるか
あちこちで熾烈な生存競争が繰り広げられてます。
強烈な場面に出くわすこともあれば



子ツバメたちがこのように並んで
餌をくわえた親ツバメを待っている和みの光景も
今の時期見かけます。

驚かされたり、和んだり色々なことがありながら
さあ、7月。
まだまだ踏ん張らねば。

| 動物 | 22:30 | comments(2) | - |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
LINKS
PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode