正戸果樹園ブログ

2005年に岡山県にて新規就農し、ブドウ作りを始めました。
そんな新米農家の日常をお伝えします。


基礎とビニール張り
今週に入ると、急に暖かくなりました。
もう春到来と思っていいのでしょうか。
と思ったらまた冬に逆戻りで雪なんてことも・・
今年ばかりはちょっと疑ってしまいます。

天気が良好なお陰で、モルタル付け作業も
順調に進んでいます。
今日で筒に流し込む工程が終わりました。

2日経過したものから順次、波板を剥がし
(筒作り、筒剥がし係りは専務)


土を戻して


完成。

今週中に基礎完了予定です。

その傍らで

ビニール張りも開始しました。
やはり暖かくなると仕事もやる気出ますね。 
| 設備作り | 22:42 | comments(2) | - |
花型モルタル
いまだ被災地のガソリン、灯油不足は深刻で
2週間たった今も、被災者の状況は改善されていません。
春になろうとしているのに冬のような寒い日が続きます。
こちらも昨日は午前中、雪が降りました。
東北はもっともっと厳しいはず。

一つ問題が解決すれば、一つ希望が見えてくるはず。
早く被災地に届いてほしいです。

今日からモルタル付けを始めました。


ブロックに流し込んだ後、



更に地際の腐食防止のため、
40cmの筒状のものにさらに流し込む。



ミツバチの巣箱の屋根に使っていた波板(逃去した分)で
筒を作りました。

綺麗な花型取れるかな。 
| 設備作り | 23:25 | comments(0) | - |
心よりお見舞い申し上げます
東北関東大震災で被害に遭われた皆様に
心よりお見舞い申し上げます。

今なお多くの方たちが被災地で十分な食料もなく
暖もほとんど取れない環境に置かれているという状況に
胸が締め付けられるような思いです。

ガソリン、灯油、十分な水と食料
全国から集められた支援物資などが
少しでも早く被災地の隅々にまで行き渡りますように。

今日は午前中だけですが、役場のほうで
住民の方々から届けられた救援物資の
仕分けや梱包のお手伝いに行ってきました。
もちろん初めての経験なので
ボランティア協会の方にご指導いただきながら。
微力ですが、時間を見つけて
今自分が出来ることをできるだけしたいと思ってます。 

普通の日常を奪われた方が大勢いらっしゃることを思うと
やはり被災者でない私たちは
日々を大切に生きなければと感じています。



自分たちの仕事を頑張ることも今すべきことの一つだと思ってます。
| 設備作り | 21:11 | comments(2) | - |
モルタル付け

園主です。


(3月5日の写真)
柱が7本立ちました。


ところでまだブロックとモルタル付けしていないのですが
もしかしたら先にモルタル付けしている方がラクかも
ということで、試しに先にモルタル付けしてやってみることにしました。


モルタル準備中。
セメント:砂=1:2にしてみました。


ブロックとパイプをモルタル付け。

と、2日前にこのようにモルタル付けしたのですが
今日みたら、まだ完全に固まっていませんでした。
調べたらモルタルって
3日で20%、一週間で40%、一ヶ月で80%、一年で95%
の強度を発現するそうです。
結構ゆっくりなんですね。

| 設備作り | 19:37 | comments(2) | - |
焚き火と建設
2日続けて真冬並みの気温です。

こういう日は焚き火につきるということで
剪定枝を燃やすことにしました。


そして、施設作りの続きも。



火の番で離れられない今日は、お弁当持って外ランチしました。
炭状になった焚き火は、いい感じの火加減になり
暖を取るのには最高です。



今日の施設作りの進み具合は柱3本。
まだ不慣れということもあり、なかなか進みません。
手を動かすより頭であれこれ考えている時間が長いです。

果たして完成はいつになることやら(by園主)。
| 設備作り | 23:18 | comments(3) | - |
鉄柱の切断
桃の節句は全国的にも寒さ厳しい日となりました。
こちらも雪が降ったりやんだりしましたが

この寒さは明日までの期限付きのようなので、我慢、我慢。
春到来までは三寒四温なので仕方ないですね。


現在、鉄パイプを必要な長さに切断中。

過去の施設建設では手ノコで切っていましたが
園主:「しんど過ぎる。」
ということで


今回の建設に伴ない、発電機と切断機を購入しました。
なんせ、この2台は欲しいと思い続けて4年越し。

その便利さをじっくりと噛締める園主でした。
| 設備作り | 20:51 | comments(4) | - |
穴堀作業
まずは、支柱を立てるために必要な
穴の深さを決めなくてはいけないのですが

 
試しに一つ掘って、↑のように置いてみました。
深さを決めたところで(40cm程)


自作の物差し(?)で測りながら


あらかじめ目印をしていた支柱の位置を
ひたすら園主は穴掘り。

そして、すでに新植済みのブドウの樹(2年目)ですが


穴を掘る範囲に掛かってしまった根っこは、
あらかじめホーレーや手で丁寧に掘り起こして
傷つけられないよう、避けておきます。
今日みたいな天気の良い日は、根を乾燥させないよう
気を使いました。

今日一日、お天気がもってくれてよかったです。
これから二日間雨予報ですが
雨よりも3月3日の雪マークが気になります。
また寒くなるの嫌だなぁ。
| 設備作り | 23:42 | comments(2) | - |
棚建設の準備色々
新たなブドウ棚の施設建設に取り掛かる前に
今、色々と準備をしています。

昨日は仮棚の撤去。

そして、今日は


建設に必要なモルタル用の砂を購入するため
近隣の砕石場に出掛けました。


荷台一杯2,000円也。
お安くゲットできました。

午後から専用砂置き場の作成。



底板はいただきもので、壁はミツバチ巣箱製作時の余り物。
あり合わせ砂置き場の完成です。



そして荷台から砂場に移す作業。

日曜からお天気が崩れるようなので
本格的な建設は雨上がりになりそうです。
| 設備作り | 21:00 | comments(2) | - |
ブドウ棚資材到着

園主です。

2年前に自力施工でブドウのハウスを建てると言っていましたが、
資材の値段が一向に安くならないのと
(北京オリンピックが終われば安くなると誰かが言っていたのに・・)
ブドウの品種によっては、ハウスより簡易被覆の方がいい場合もあるということから
ハウスはやめて簡易被覆施設にすることにしました。

ちなみにハウスとは

こういうので

簡易被覆施設とは

こういうのです。
資材費はハウスの1/3程です。


今日、注文していた資材が届きました。



通常、簡易被覆施設は石の柱が多いのですが、
周囲の斜めの柱が少々邪魔なのと、柱間隔が2m×3mと狭いので
今回、工事現場の足場に使われる単管パイプで柱間隔4m×4m
で作ってみようかと思います。

剪定も終わったことだし、ボチボチ作ります。

| 設備作り | 21:52 | comments(1) | - |
今年最初のお仕事
2011年、最初の仕事は
物置のビニール張り替えです。

張って3年経ちますが、けっこうな破れ具合で
見た目もボロボロ。
もうさすがに限界でしょう。

 

サイドの状態はよかったので、屋根部分だけ切り離して
新しいものに付け替えることにしました。



新しいものに張り替えると、やっぱり気持ちがいいなぁ〜

劣化を遅らせるため、さらに透明ビニールをもう一枚被せました。
今回の青ビニールは前回と比べると値段的には高いので
耐久性は上がってると信じているのですが、どうでしょうか。

まあ、その年々の気象条件によるとは思いますが
前回より一年でも長くもってくれないと
なんだか悔しかったりするんですよね〜、これが。
| 設備作り | 20:11 | comments(0) | - |
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
LINKS
PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode